やっぱり牡蠣が主役の季節かな?

冬といえば、魚介類のおいしい季節です。
特に、牡蠣は最高です。

鍋なら牡蠣たっぷりの土手鍋なんかいいですね。

ぐつぐつしてきたら、少しづつ土手の味噌を崩し、いい香りの鍋の中に新鮮な牡蠣を投入!

あつあつの牡蠣を味噌味の柔らかい野菜たちと一緒に食べたらお酒も進みます。

そして鍋の締めは、やはりうどんでしょう。
もちろん雑炊でも良いと思います。

大ぶりの牡蠣フライも揚げたてはたまらないです。
かじった瞬間、ジューシーな旨みが口いっぱいにひろがります。

生は旬の時期でないと食べられませんから、一年に一度は生牡蠣を堪能したいです。
ぷるぷるの牡蠣にレモンを少し垂らすだけで、ほんのりとした塩味が新鮮な味を引き立てます。

生は苦手という人も少なくないようですが、とれたてを食べたらきっとまた食べたくなると思います。

実はおでんダネとしても優秀。
出汁が全体にひろがって、おでんのレベルも上がります。

あとはアヒージョにもあいますよ。

まだまだ他にも牡蠣の旨みを引き出してくれる料理がたくさんあります。
今年は今まで食べた事がない牡蠣料理を探してみようと思います。