RPGの大作 ドラゴンクエスト

RPGの大作といえば、ドラゴンクエストであり、これ以上に面白いゲームはまだありません。

当初は主人公は1人で、勇者といった名があります。それに、自分の名前をつけたり、何か他のもっともらしい名前をつけたりします。

ゲーム当初は、スタート地点の城の周辺で、スライムと戦い、経験値を上げていきます。スタミナ、攻撃力、守備力ともに数値の低いモンスターが出現するため、いくら主人公のそれらが低くても、倒せるようになっています。

城の中には、武器屋があります。そこでは、こんぼうをはじめ、はがねのつるぎといった、それぞれ攻撃力も価格も違う武器が並んでいます。それを選んで装備することで、攻撃力が少し上がります。守備力を上げるものとしては、盾や鎧、などがあります。

今はスマホのアプリでもいろんなドラクエがあって、子どもというよりは大人が楽しんでいるように思います。

こどものころに脳に刻まれた「楽しい」という記憶は、大人になっても忘れられないようです。